忍者ブログ

DJ's BLOG by LARANJA design

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昭和なチョコ



 このチョコレート、友達のカヨコちゃんにいただいたシロモノ。なんともベーシックなそのパッケージ。一応、ハコが金っぽいのはがんばっているけど、画かれているロゴは「HI MILK Delux」、そうハイミルクデラックス。なんか”昔系”。”ハイ(Hi)”って最近使わないし、”ミルク”って、最近チョコはカカオの率とか、クーベルチュールとかのベルギー産チョコを使っているだの自慢してるのに”ミルク”って・・・。さらに”デラックス”って昭和?ウチの母親が、おしゃれだと”ハイカラだねぇ”とか、豪華だと”デラックスだねぇ”とかいまだに言うけど、死語になりつつあるでしょ。
 そんな見た目酷評された頂き物は、食べてみると・・・。「ん?森永?グリコ?変哲なし?」っというチョコであった。しか~し、その30秒後、後味引く上質なコク。これは”コク”のチョコ。最初は分からない、後で来る!これはヤバいぞ。パッケージの中のリーフレットを見ると「チョコレートのしおり」っと書いてある。やっぱり昭和だ。「本品はチョコレートファンのために、良質な・・・」っと書いてあり、「市販は一切していません」というとおり、工場直売のみである。
 さらにこの無意味と思わせる厚さ。
   ↓

普通の板チョコの3~4倍はある。ほら、割り箸の太いほうと同じ高さ。割れねぇし。
ところがこの厚さがたぶんコクを倍増させるんだよね、そういう意図が見え隠れする。薄いと、時間をかけて味わう前に胃に向かっちゃうんだよ。素材の良さと共に、メーカーの狙いがはっきりした、かなりベーシックなチョコだった。これ、マジでクセになる。異常に病みつきになる。最近のベルギー志向とは確実にベクトルが正反対の、日本人のチョコの原点。これが今、新しく感じる。

気になる方は、わたくしかかよこちゃんへ!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

プロフィール

HN:
DJ OSADA
性別:
男性

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア

Copyright ©  -- DJ's BLOG by LARANJA design --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]