忍者ブログ

DJ's BLOG by LARANJA design

   

頂きものの絶品!





 昨日、我が家に届いた頂き物。今が旬のカワハギの刺身!そしてアン肝!
オレね、カワハギの「刺身」は初めて食べた!
 味ね、まず、しょうゆにつけないでそのまま食べてみる。おっ、すげぇ、「ふぐ」に似ている!淡白でクセがなく、歯ざわりがいい、ふぐよりも弾力があるような気がする。って言っても、ふぐ食べたのなんて今まで1回しかなく、その時は新宿の東京ヒルトンの高級なふぐ料理店でご馳走してもらったのに、飲みすぎてリバース(失礼)してしまった、そのたった1回だけだけど(笑)。

 でね、カワハギはしょうゆにもこだわらないといけない。カワハギジャンキー達は、このカワハギの肝をしょうゆに乗っけて、その上から日本酒をさらっと掛けて、さらにもみじおろしをたっぷりいれて「特製肝しょうゆ」が出来上がり!いかにもオレが「通」のように聞こえちゃったら失礼!アレもコレもすべて、送り主の方からご指導いただいた(笑)。

しょうゆもいとこのトモコちゃんからの頂き物!飛騨高山の高級刺身醤油!トモちゃんありがとう!最高のコンビネーションで究極の肝しょうゆをつくるのだ。

 いやしかし、見た目悪いね~、コレ。決してうまそうに見えないね(笑)~、コレ。果たしてコレでご指導いただいたとおり作れているんだろうか。すごく心配になって、ネットで確認してみると、やっぱりこの写真のとおりグロい・・・。大丈夫そうであった。
で、ついに味見。

クセになるよ、コレ。肝しょうゆいいね!まったり濃厚。オレ、いつも刺身には醤油を少ししかつけないんだけど、この肝しょうゆはたっぷりつけちゃう! ん~、なんてんだろ、たとえるならば、皿についたハンバーグのソース、絶対に食べたいからいや飲みたいくらいだから、最後のハンバーグの肉片1かけらで全部吸い取って、最後の1かけらを贅沢に食べるみたいな・・・、いや、その1かけらで吸い取ってもまだ皿には残ってるから舐めちゃうみたいな(笑)。そういうウマさね。わかる?意味わかんない?
いやはや、グロい外見からは想像が出来ないこの美味感、余計に印象的だ。

淡白で歯ごたえがある「カワハギの身」+濃厚でクリーミーな「カワハギの肝しょうゆ」=やばい。デンジャラスゾーン突入である。

【Wikipediaより】**********************************************
身だけでなく肝臓(キモ)も美味で珍重する。カワハギの第二の旬(第一は夏)が秋からというのも、この時期は冬に備えて餌を多く摂り、肝臓が特に大きく発達する時期だからである。肝臓はピンク色で、脂肪の少ない身に対して脂肪分を多く含んでおり、こってりした旨みと甘みがある。身と一緒に刺身や煮付けで食べる。キモを裏ごしして醤油に溶いたものを刺身につけるのも、カワハギならではの食べ方である。
******************************************************************

カワハギの話で一人で盛り上がっちゃったけど、アン肝も「ごいすぅ(すごい)」。オレ、アン肝は大好きで、女房の実家に行くと、オレが大好きな事を知っている母がいつも夜に出してくれるの。

いただいたアン肝は新鮮で正にフォアグラ状態!このアン肝をね、さっき作ったカワハギ肝しょうゆをつけていただいちゃった!この組み合わせ、やばいっしょ。ダブル肝だよ。肝コラボ(笑)。「カワハギとアンコウの出会い」みたいなメニュー名で飲み屋で出したら絶対に流行るよ。間違いない。

いやしかし、贅沢なものを食べさせていただきました。ご馳走様でした!今度は自分で買ってこよっと。ってか、普通にスーパーに売ってるんだろうか。。。

※すごく酒が進み・・・・、かなりの酔っ払いに・・・・。そしたら、ある懐かしい人から夜の10時なのに電話がかかってきて・・・、その後の結末は上の記事にて(笑)。


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

プロフィール

HN:
DJ OSADA
性別:
男性

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

フリーエリア

Copyright ©  -- DJ's BLOG by LARANJA design --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]